グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 健診後のサポート > 特定保健指導について > メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドロームについて


メタボリックシンドロームとは

生活習慣が大きく関連する高血圧・糖尿病・高脂血症は、それぞれ独立した疾患で動脈硬化疾患の危険因子です。
しかし内臓脂肪が多く蓄積されている人は、高血圧・糖尿病・高脂血症の軽度の状態でも、それぞれが合併すると動脈硬化が促進され、心血管障害(狭心症、心筋梗塞)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血)など疾患の発症の危険が高くなることがわかってきました。

これは蓄積した内臓脂肪が、血糖をコントロールしているインスリンの働きを悪くしたり(インスリン 抵抗性といいます)、あるいは色々な物質を分泌し血圧や脂質、血糖値に影響し動脈硬化を 促進するからです。 これがメタボリックシンドロームの基本的な考え方です。

したがって、お腹周り(腹囲)が大きくて、これまでに健診などで血圧が高いあるいは血糖値が高い中性脂肪が多い善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少ないと指摘されたことのある人は、メタボリックシンドロームの可能性があります。

下の表は日本人のメタボリックシンドロームの診断基準です。
これに当てはまるか確認してみましょう。
まず腹囲を測ります。基準値以上なら下に進みます。血圧、血糖値、脂質はどうでしょう。
基準値を超えましたか?

2項目以上基準値を超えた人はメタボリックシンドロームと診断されます。

メタボリックシンドローム診断基準

◆高血圧・糖尿病・脂質異常に対する薬剤治療を受けている場合は、それぞれの項目に当てはまることとします。