グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 健診後のサポート > 特定保健指導について

特定保健指導について



特定保健指導とは?

特定保健指導とは、メタボリックシンドロームの予防や解消のために、保健師・管理栄養士が直接サポートする取り組みです。食事指導や運動指導を通して、健康づくりをお手伝いします。特定保健指導の対象と判定された方は、健診日当日にそのまま保健指導を受けることができます。(契約・保険者・コースによって異なる)
※特定保健指導の対象者は40~74歳となります。

ご参加された方の声

「プログラムの実施後に血液検査で正常値になってよかったです。」
「何気ないことを意識することで、明らかに健康的な身体になれると実感しました。」
「衣服のサイズが変わりました。これからも無理なく楽しくプログラムに取り組みます」
「やるべきことが明確で、前向きに頑張れました。このまま継続していきます。」

特定保健指導の判定基準

健康診断の結果に応じ、積極的支援・動機付け支援にレベル分け(階層化)されます。

  • 血圧、血糖、コレステロールを下げる薬を服用中の方は対象外となります。
  • 65歳以上の方は積極的支援に該当されても動機付け支援となります。
特定保健指導とメタボリックシンドロームの判定値は異なります。
メタボリックシンドローム診断基準

初回面談までの流れ

健診当日に保健指導を実施する場合


健康診断のご受診

健康診断後
  • 特定保健指導対象者の方へお声掛け
  • ご参加の意思の確認


初回面談(20分程度)

後日保健指導を実施する場合


健康診断のご受診

健診結果到着

  • 特定保健指導対象者の方には、結果表と一緒に保健指導のご案内を同封


お申し込み 

事前予約制



初回面談(20分程度)