グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > オプション検査 > 血液検査(腫瘍マーカー)

血液検査(腫瘍マーカー)


がん発生に伴い血液中に増える特殊な蛋白や酵素のことを腫瘍マーカーと呼び、がんの発見や診断の手がかりにします。

腫瘍マーカー

CEA <消化器系がん>

大腸、胃、肝臓などの消化器系がんで高値を示します。

AFP <肝細胞がん・肝疾患>

肝臓がんで高値を示します。がん以外の肝臓疾患などでも高値を示します。

CA19-9 <膵臓・胆嚢・胆管がん>

消化器系がんの中でも膵臓がんで高値を示します。膵臓、胆道で高い陽性率を示すほか、胃がん、大腸がん、肝臓がんなどの消化器系がんでも高値を示します。


CYFRA <肺がん>

肺がん(特に扁平上皮がん)で高値を示します。

SLX <肺・消化器系・乳房・卵巣がんなどの腺がん>

肺がん、消化器系がん、乳がん、卵巣がんなどの腺がんで高値を示します。非がん疾患での偽陽性率が低く、がん特異性が比較的高いのが特徴です。

PSA <前立腺がん>

前立腺に特異的に見られる腫瘍マーカーで、前立腺がん、前立腺肥大症で高値を示します。
前立腺がんは日本で近年急増したがんの1つです。
※50歳以上の方に有効な検査です。

男性のみ



CA125 <卵巣がん>

卵巣がんで高値を示します。子宮内膜症、子宮筋腫、子宮体がん、月経、閉経、妊娠でも高値を示します。

女性のみ


CA15-3 <乳がん>

乳がんで高値を示します。卵巣がん、子宮がん、肺がんでも高値を示します。

女性のみ


腫瘍マーカー3種(女性セット)<CA19-9・CA125・CA15-3>

女性がかかりやすいがんに特化したセットです。 膵臓がん、卵巣がん、乳がんで高値を示します。

女性のみ



オプション検査の料金はこちらでご確認ください。