グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > オプション検査 > 血液検査

血液検査



甲状腺

甲状腺機能(ホルモン)TSH・freeT3・freeT4

甲状腺から分泌されるTSH、freeT3、freeT4を測定することにより甲状腺の機能を評価します。
甲状腺ホルモンが、過剰に分泌されると甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)、不足すると甲状腺機能低下症(橋本病など)になります。

肝炎

HBs抗原

B型肝炎ウイルス抗原(HBs抗原)を検査することにより、現在のB型肝炎ウイルス感染の有無を調べます。

HBs抗体

B型肝炎ウイルス抗体(HBs抗体)を検査することにより、過去のB型肝炎ウイルス感染の有無を調べます。B型肝炎ワクチン接種で抗体をつけることができます。ワクチン接種後の方は現在の防御力を調べます。 

HCV抗体

C型肝炎ウイルス抗体(HCV抗体)を検査することにより、C型肝炎ウイルス感染の有無を調べます。

消化器

ヘリコバクターピロリ抗体

ヘリコバクターピロリ菌は慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍の原因とされています。また、胃がんとも深く関わっていることが明らかになっています。この菌の感染の有無について血中の抗体を測定します。

ペプシノゲン

胃粘膜の萎縮を血液中のペプシノゲンの値により測定し、萎縮性胃炎の程度を調べます。 萎縮性胃炎は胃がん発生の原因として重要です。

胃がんリスクABC分類(ピロリ抗体+ペプシノゲン)

胃粘膜の萎縮や炎症の程度を表すペプシノゲンとピロリ菌に対する抗体を血液検査で測定し、その組み合わせから胃がんの発生リスクを評価する検査です。胃がんリスクに応じて胃内視鏡検査の必要度が判断できます。

※ヘリコバクターピロリ除菌治療後の方、胃切除術後の方、胃酸を抑える薬を内服中の方、腎不全の方は正しい結果が得られない場合がありますのでこの検査はおすすめできません。

リウマチ

リウマチ因子 (RF)

リウマチ因子(RF)を測定します。関節リウマチ診断の参考になります。 

更年期

女性ホルモン E2・FSH

更年期の女性は、女性ホルモンの低下により様々な症状(更年期症状)が出ることがあります。 この検査で女性ホルモンを調べ、3カ月以上の無月経の原因として、閉経あるいはそれに近い状態であるかを判断します。更年期症状や卵巣年齢を評価したり、閉経時期を予測することはできませんのでご注意ください。

女性のみ



※40歳以上の方や3カ月以上無月経の方におすすめします。

貧血

血清鉄 (Fe)・フェリチン・TIBC

鉄欠乏性貧血の診断に有用な血液中の血清鉄(Fe)、総鉄結合能(TIBC)や体内の貯蔵鉄を反映するフェリチンを測定します。

糖尿病

HbA1c

過去1~2カ月の血糖値の状態をあらわします。糖尿病の診断に有用です。

心機能

NT-proBNP

心臓から分泌されるホルモンです。心臓にストレスがかかっているかを調べます。

その他

血液型

ABO式、Rh式血液型を調べます。

風疹抗体

風疹抗体検査はご自身が現在、風疹抗体をどのくらい保有しているかを調べる検査です。
風疹ウィルスが原因となる風疹という病気は、風疹抗体を保有していると感染を回避することができます。
風疹抗体は、風疹にかかるか風疹ワクチンの予防接種を2回受けることにより獲得することができます。
*2019年4月より検査方法が【HI法】から【EIA法】に変わりました。

感染症セット

感染症の有無や過去に接種したワクチンの効果を調べます。
大人が感染すると重症化する恐れがある麻疹(はしか)や日本で一番多い性感染症であるクラミジアなど、7種類の感染症のセットです。

  • 海外渡航が多い方         
  • 予防接種歴が不明な方
  • 妊娠・出産を予定している方のご家族
〈検査項目〉
  • 風疹抗体・・・風疹の抗体があるか調べます。*2019年4月より検査方法が【HI法】から【EIA法】に変わりました。
  • 麻疹(はしか)抗体(IgG)・・・麻疹(はしか)の抗体があるか調べます。
  • ムンプス抗体(IgG)・・・ムンプス(おたふく)の抗体があるか調べます。
  • クラミジア抗体(IgA・IgG)・・・クラミジアに感染しているか調べます。
  • 梅毒(TPHA・RPR)・・・梅毒に感染しているかを調べます。
  • HBs抗原・・・B型肝炎に感染しているかを調べます。
  • HCV抗体・・・C型肝炎に感染しているかを調べます。

※感染症セットは、プライバシー保護のため、ご本人様より直接のお申し込み及びお支払いをお願いしておりますので、ご了承ください。

オプション検査の料金はこちらでご確認ください。