グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > オプション検査 > 乳房検査

乳房検査


乳がん検査

乳がんは近年増加傾向にあり、女性のがんの中で罹患率が一番高くなっています。
30歳頃からだんだんと罹患率が増えていきますので定期的な乳がん検査がとても大切です。
乳がんは早期発見・早期治療により治る可能性が高い病気といわれています。
月1回の自己触診の習慣をつけることはとても大切ですがそれだけでは早期の乳がんを十分に見つけることができないため、定期的に乳房超音波、マンモグラフィを受けましょう。

乳房超音波検査

乳房表面にゼリーを塗ってその上から超音波をあて、乳腺や乳管の状態や小さな腫瘤の有無を調べます。

Q 乳房超音波検査って何?
A 超音波を乳房に当て、組織を画像化し、乳房内部を検査します。痛みや人体への影響の少ない検査です。

Q どんなふうに検査するの?
A 上半身は裸になってもらいます。乳房に超音波の伝わりを良くするゼリーをぬり、超音波をだす器具(プローブ)を当てて、画像を画面に映し検査します。

Q 何がわかるの?
A 小さな腫瘤を見つける事が出来ます(写真1、2)。また、乳腺や乳管の状態もわかります。

写真1

写真2

Q 乳房超音波とマンモグラフィはどう違うの?
A 乳房超音波とマンモグラフィでは、見えるものが違います。
乳房超音波は、しこりを作るがんの発見に有効な検査で、マンモグラフィは、石灰化を作るがんの発見に対して非常に有効な検査です。
20・30歳代の方は一般的に乳腺が多いので、乳房超音波をおすすめします。

マンモグラフィ

乳房を専用の装置ではさみ、平らに押さえてX線撮影します。
痛みを感じる方もいますが、平らに押さえることで写真の質が向上し被ばく線量も減少します。
これにより微小な石灰化の有無を調べます。

Q マンモグラフィって何?
A 乳房X線撮影のことです。
乳房はやわらかい組織で構成されているため、乳房専用の撮影装置を使って撮影します。

Q どんなふうに撮影するの?
A 乳房をはさんで平らにして撮影します。
痛みを感じる方もいますが、 平らに押さえることで写真の質が向上し、また被ばく線量も減少します。
生理前の一週間は胸が張り、痛みを感じやすくなりますので、この時期は避けることをおすすめします。

Q 何がわかるの?
A 視触診では見つかりにくい小さなしこり(写真1)や微小な石灰化(写真2)を見つけることができます。

写真1

写真2

Q 放射線被ばくは大丈夫?
A X線検査ですので放射線被ばくはありますが、乳房だけの部分的なものです。1年に1回程度の検査で健康に影響が出ることはありません。


オプション検査の検査項目・料金はこちらでご確認ください。

次の方はマンモグラフィを受けられません。

 ○妊娠中、授乳中、断乳後半年以内の方
 ○豊胸術をされている方  
 ○身体に医療機器(ペースメーカー、VPシャント、CVポート)を挿入後の方