グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > オプション検査 > 婦人科検査

婦人科検査



子宮頸がん検査

当クリニックでは、2019年4月からより精度が上昇する子宮頸部細胞診検査とHPV検査が導入されました!
今までに子宮頸がん検査で異常を指摘されたことがある方は、ぜひ、液状化細胞診とHPV検査を合わせた併用検診をお勧めします。

子宮頸部細胞診(従来法)

子宮頸部をブラシなどで擦って細胞を採取し、スライドガラスへ移した細胞を検査に提出します。
同時に医師による内診も行います。

子宮頸部細胞診(液状化細胞診)

子宮頸部細胞診検査をより精度の高い液状化細胞診検査に変更できます。
当クリニックでは、2019年4月から新たに導入された検査です。細胞の採取方法は同じですが、専用容器に細胞を回収し検査に提出します。日本産科婦人科学会、がん検診学会等から推奨され始めている検査法です。

*子宮頸部細胞診を実施した場合のみ変更いただけます。

HPV(ヒトパピローマウィルス)

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)感染の有無を調べます。
30歳以上の女性に推奨される検査です。過去に検査歴のある方でも性的接触によってHPVの感染は起こるため定期的な検査が必要です。

*子宮頸部細胞診を実施した場合のみ追加いただけます。


次の方は子宮頸がん検査を受けられません。

  ○妊娠中の方
  ○体重115kg以上の方
  ※受診前日の入浴は可能ですが、膣内の洗浄は避けてください。

子宮卵巣検査

経膣超音波

膣内に細い棒状の超音波機器を挿入し、子宮や卵巣を観察します。
内診検査より早期に子宮筋腫・卵巣のう腫・卵巣がん・子宮内膜ポリープ等の異常所見を見つけることができます。
生理に不安(生理痛・過多月経など)のある方や子宮や卵巣の病気が心配な方におすすめします。

*子宮頸部細胞診を実施した場合のみ追加いただけます。

▼MRIレディース検査については、こちらをご覧ください。


オプション検査の検査項目・料金はこちらでご確認ください。