グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > クリニックについて > ごあいさつ

ごあいさつ


院長 伊賀 大二郎

一般財団法人東京社会保険協会は、昭和21年より東京都内における健康保険および厚生年金保険の適用を受けている事業主を会員として設立され、社会保険制度の普及発達に寄与し、被保険者およびご家族の皆様の健康づくりのお手伝いや福利厚生に関する事業を行ってまいりました。

平成18年には、東京社会保険協会60年にわたる健診事業の経験と実績を集約した、直営の健診クリニックであるフィオーレ健診クリニックが誕生しました。 「くつろぎと安らぎ」をテーマに、健診をお受け頂く皆様が快適に、そして安全に健診をお受けいただけますよう、最新の設備・機器をそろえた健診施設を提供してまいりました。
その一環として平成22年には、「安心とやさしさ」をテーマとした女性専用フロアをオープンしました。女性フロアでは、医師や技師を含めたスタッフすべてが女性からなっており、安心して健診をお受けいただけるよう無料の保育室の開設など施設の充実も図っております。

当健診クリニックで健診をお受け頂く皆様には、受付時にRFID(ICタグ)内蔵リストバンドをお渡しします。 検査や診察の際にリストバンドをリーダーにかざしていただき、ご本人の確認をいたします。各検査機器に検査値などを入力することなく、身体計測や血圧測定などの検査値は自動的に取り込みますので、ヒューマンエラーは発生しません。また、検査の進行状況の確認もでき、健診の流れをスピーディに確実に行います。

人間ドックをご受診の方には、健診当日、医師による結果説明を行っております。健診当日に結果を聞くことができるため、受診者の皆さまには大変ご好評をいただいております。
また、40歳以上で特定保健指導に該当された方は、健診終了後に保健指導を実施しております。健診の結果や生活習慣を振り返ることでご自身が改善点に気づかれるよう促し、新たな生活習慣を築いていけるよう手厚くサポートしております。

今後も精度の高い最新機器の活用と共に、より快適でくつろげる施設へのさらなる充実を図り、健診サービスの向上に取り組んでいく所存です。

一般財団法人東京社会保険協会
フィオーレ健診クリニック
院長 伊賀 大二郎