グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




15周年


  
  フィオーレ健診クリニックをご利用いただきありがとうございます。
  この度、 フィオーレ健診クリニックは15年目を迎えました。

  そこで、今年度健康診断をご受診いただきます皆様へ、
  新しいオプション検査3種類を特別価格でご用意いたしました。

  是非この機会にご自身の体のチェックをしてみませんか?
  ご予約はお電話、または、健診当日にお申し出ください。

スモールデンスLDL-C(超悪玉コレステロール測定)

脳梗塞・心筋梗塞

通常価格 6,050円(税込) ➡  特別価格 4,400円(税込)
脳梗塞、心筋梗塞の原因となる動脈硬化を引き起こす物質(超悪玉コレステロール)を測定します。
悪玉コレステロールの中でも小型の超悪玉コレステロールは、血管の中に長くとどまりやすく、更に通常の悪玉よりも小さいため血管の壁に入り込みやすく血管を詰まらせてしまいます。その超悪玉がどのくらいあるのかを知ることができる検査です。

検査についての詳細は「デンカ生研のHP」をご確認ください。

LOX- index

脳梗塞・心筋梗塞

通常価格 16,500円(税込) ➡  特別価格 14,300円(税込)
動脈硬化の進行から脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを評価する検査です。
超悪玉コレステロールと、それと結合して動脈硬化を進行させるLOX-1というタンパク質を測定し、2つの物質をかけ合せた値を「LOX-index」値といいます。脳梗塞と心筋梗塞発症リスクを4段階で判定する検査です。
※妊娠中の方は、数値が高く出る傾向があるため、内容をご確認のうえで、ご受診頂く様お願いいたします。

検査についての詳細は「PreMedicaのHP」をご確認ください。

MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査

認知症

通常価格 24,200円(税込) ➡  特別価格 22,000円(税込)
軽度認知障害(MCI)とは、認知症の前段階を指します。日常生活には支障はありませんが、そのまま過ごすと約5年で半数以上が認知症に進行すると言われています。
認知症の中でも多いアルツハイマー型認知症は、「血管の老化」や「神経毒性物質であるアミロイドβペプチドの蓄積」が原因とされています。この検査では、血管の老化やアミロイドβの蓄積に関与するタンパク質9項目の血中量を測ることで、MCIのリスクを評価しています。40歳以上の方におすすめします。

検査についての詳細は「MCIスクリーニング検査プラスサイト」をご確認ください。

※MCIスクリーニング検査を実施された方は、個人結果の発送が通常2週間のところ約3週間後の発送になります。